【ボルボ ディーゼル 日本導入】ボルボのエンジン戦略…ガソリンとディーゼルは「双子」

自動車 ニューモデル 新型車

ボルボ V40クロスカントリー D4
  • ボルボ V40クロスカントリー D4
  • ボルボのディーゼルエンジン
  • ボルボ V40クロスカントリー D4
  • ボルボ V60 D4 SE
  • ボルボ V60 D4 SE
  • ボルボ V60 D4 SE
  • ボルボ V60 D4 SE
  • ボルボ V60 D4 SE
ボルボ・カー・ジャパンは、ボルボの自社開発ディーゼルパワートレイン「D4」を搭載した『V40』 、『V40クロスカントリー』、『S60』、『V60』、『XC60』を発売した。

ボルボは「DRIVE-E」と呼ばれる新パワートレイン戦略に基づいて開発したガソリンエンジンのT5を昨年から導入しているが、それと同時開発したディーゼルエンジンが今回導入されたD4で、同社マーケティング部プロダクトグループマネージャーの青山健氏は、「ガソリンとディーゼルの双子という関係だ」と述べる。

パワートレインの自社開発に至った経緯だが、もともとフォードグループだったボルボは、フォードのパワートレインを使用していた。しかし、2000年代後半に独立が明確になったことから、パワートレインの調達について検討がなされ、自社開発が決定したのだ。

その開発に際しては、3つの柱が立てられた。「ひとつは4気筒のみ。もうひとつは、モジュラーアーキテクチャー。最後は電動化にも対応することだ」と青山氏はいう。そして、「ボルボは年間45万台程度の非常に小さな会社なので、自社開発においては、選択と集中という決断が必要だった。そこで、ガソリンとディーゼルは基本的には同じアーキテクチャーで作ろうと開発が始まり、ガソリンのT5は、2013年にグローバルデビュー、日本には2014年から導入が開始された」と説明する。

部品の共通性について青山氏は、「ガソリンとディーゼルでは1/4が共通。1/4は異なる部品。残りの半分は類似と、可能な限り部品は共通化している。これがこのエンジンの特徴だ」とコメントした。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集