東海道・山陽新幹線、車内防犯カメラを増設へ…N700A・N700系

鉄道 企業動向
JR東海とJR西日本は東海道・山陽新幹線の車内防犯カメラを増設すると発表。デッキ部にカメラを設置しているN700A(写真)とN700系について、客室内とデッキ通路部にもカメラを設置する。
  • JR東海とJR西日本は東海道・山陽新幹線の車内防犯カメラを増設すると発表。デッキ部にカメラを設置しているN700A(写真)とN700系について、客室内とデッキ通路部にもカメラを設置する。
  • 防犯カメラの設置イメージ図。これによると客室内の2カ所とデッキ通路部1カ所にカメラが増設される。
JR東海とJR西日本の2社は7月6日、デッキ部に防犯カメラを設置している東海道・山陽新幹線のN700A・N700系電車について、カメラを増やすと発表した。

N700系は、日本の鉄道車両としては初めてデッキ部に防犯カメラを設置。後継車両のN700Aにも設置されている。2社は「更なるセキュリティ向上を図る」として、デッキ部のほか客室内とデッキ通路部にも防犯カメラを設置することにした。

カメラが増設されるのは、JR東海のN700A31編成とN700系80編成、JR西日本のN700A9編成とN700系16編成。JR東海は新製を予定している7編成への設置に加え、2016年度から2018年度にかけて104編成でカメラを増設する。JR西日本も新製予定車の4編成でカメラを増やし、既存の21編成は2016年度から2018年度にかけて改造する。
《草町義和》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース