ダイムラーの大型トラック「バーラトベンツ」発表…インドの為に、インドで作った初の車両

自動車 ニューモデル 新型車
ダイムラー・トラック・アジア、新型大型トラック発表
  • ダイムラー・トラック・アジア、新型大型トラック発表
  • ダイムラー・トラック・アジア、新型大型トラック発表
  • ダイムラー・トラック・アジア、新型大型トラック発表
  • ダイムラー・トラック・アジア、新型大型トラック発表
  • ダイムラー・トラック・アジア、新型大型トラック発表
  • ダイムラー・トラック・アジア、新型大型トラック発表
  • ダイムラー・トラック・アジア、新型大型トラック発表
  • ダイムラー・トラック・アジア、新型大型トラック発表
三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は27日、ダイムラー・トラック・アジア部門(DTA)として、ダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークル(DICV)と共同で開発した大型トラック『バーラトベンツ 3143』『バーラトベンツ 2536』『バーラトベンツ 4940TT』を発表した。

バーラトベンツ3143は、430psを発揮するメルセデスベンツ製「OM457型」エンジンを搭載する総重量48トンの車両。ダイムラーグループのメリットを生かし、アジアだけでなく欧州や北米で実績のあるエンジンを搭載することで、開発期間を3年以内に短縮することに成功した。

同日DTAは、インド・チェンナイにあるDICVオラガダム工場敷地内にバス生産工場を新たに開設。発表会では新型車両と共に実際に工場で生産されるバスも公開した。

発表会において、ダイムラー社トラック部門総責任者のヴォルフガング・ベルハルト氏は「ここインドでトラック、バス全てのレンジを作っていく。インドは可能性のある市場で、これから(インドの)IT産業のようにほかの産業が成功すれば輸送量も増加する。我々もインドと共に成長し、この地を東南アジアやアフリカ、南米に輸出するハブにしていく」と話す。

DTA総責任者でMFTBC代表取締役・CEOを務めるマーク・リストセーヤ氏は「インド業界を変えていきたい。バーラトベンツは、インドの為に、インドで作る車両。本当にパワフルで、インドで作った車両がEUメーカーに勝つ日が来た」と述べた。
《橋本 隆志》

編集部おすすめのニュース

  • 三菱ふそう、インド南部にバス工場を新設「世界2位のバス市場に革命」 画像 三菱ふそう、インド南部にバス工場を新設「世界2位のバス市場に革命」
  • インド新車販売、14%増の26万台…6か月連続で増加 4月 画像 インド新車販売、14%増の26万台…6か月連続で増加 4月
  • 環境対応型ディーゼルトラックへの代替を支援…国交省 画像 環境対応型ディーゼルトラックへの代替を支援…国交省
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース