【レッドブル・エアレース】勝敗を分ける3つの要素「パイロットの腕だけではない総合力」

航空 エンタメ・イベント

Red Bull Air Race Chiba 2015記者会見
  • Red Bull Air Race Chiba 2015記者会見
  • Red Bull Air Race Chiba 2015記者会見
  • Red Bull Air Race Chiba 2015記者会見
  • Red Bull Air Race Chiba 2015記者会見
  • Red Bull Air Race Chiba 2015記者会見
  • Red Bull Air Race Chiba 2015記者会見
  • Red Bull Air Race Chiba 2015記者会見
  • Red Bull Air Race Chiba 2015記者会見
5月16日~5月17日に日本初開催されるレッドブル・エアレース(Red Bull Air Race)に参戦する著名パイロットを招いた記者会見が5月8日、東京都内で行われた。

ブライトリング・ジャパンの柿崎滋マーケティング統括取締役はブライトリングの取り組み、意気込みを話してくれた。

「今回、ブライトリングはレッドブル・エアレースにふたつのブライトリングチームで参戦しています。ひとつは、2014年ワールドチャンピオンのナイジェル・ラムが率いるチーム。もうひとつが世界アクロバティック選手権の王者でありました、フランソワ・ルボット選手のチーム。このふたりの最強のパイロットを動員してレッドブル・エアレースに挑みます。

レッドブル・エアレースの勝敗を分けるのは、パイロットの腕というのももちろん大きいのですが、メカニックな部分を担当する機体整備チームと、各コースの情報分析を徹底的にしていく作戦チームの存在が、勝敗を大きく分けていくことにもなります。

というのも、エンジンに関してはすべての飛行機は同じなのですが、制約の中で、機体自体を自由に整備することができるからです。そういった事情もあって、パイロットの力だけではない、"総合力"の部分がレースでは求められることになります。そういう意味でも、我々は最強のパイロットだけではなく、最強の整備チーム、情報分析チームを擁してレースに挑むことができるという状況となっています。

それに加えてアジア唯一、日本人唯一のパイロット、室屋義秀のチームに対して最新の機体を導入することを援助し、メカニックチーム、情報分析チームでもサポートする、全面的な援助をしています。

そういった意味で、ふたつのブライトリングチームと室屋義秀チーム、3つのチームを今回サポートしていくこととなりました。また、レーシングチームだけではなく、ブライトリングはタイムキーパーとして、レース全体をサポートしていくという役目も担っています。今年唯一の日本開催である今回の大会を、この3チームで盛り上げて行きたいと思っています」

パイロットばかりが注目されがちなレッドブル・エアレースだが、柿崎氏によるとパイロットだけではなく、整備チーム、情報分析チームの3つの要素がそろっていることが、大きく勝敗に関わってくるという。

今大会、ブライトリングは全面サポートする体制を整え、2014年ワールドチャンピオンのナイジェル・ラム、世界アクロバティック選手権の王者フランソワ・ルボットのチームに加え、室屋義秀のチームを擁して大会に参戦する。
《大日方航@CycleStyle》

編集部おすすめのニュース

特集