【スズキ アルトターボRS 試乗】実生活で乗ってわかる燃費の優秀さ…島崎七生人

試乗記 国産車
スズキ アルト ターボRS
  • スズキ アルト ターボRS
  • スズキ アルト ターボRS
  • スズキ アルト ターボRS
  • スズキ アルト ターボRS
  • スズキ アルト ターボRS
  • スズキ アルト ターボRS
  • スズキ アルト ターボRS
  • スズキ アルト ターボRS
実は導入時の箱根の試乗会では、限られた試乗枠内で走りに納得しきねない部分があった。そこで別の個体でステージを都内&日常に変え、再試乗。すると新たな一面が見えてきたのだった。

再試乗で“納得できた”のはステアリングフィール。箱根で経験済みだったワインディングを含めて、今回の個体は切る/戻すのフィールが自然で、全体的な手応えにも安定感が実感できた。パワステの制御(感触)にも差がみられ、それが個体差によるものなのかどうか、サスペンション系の馴染みの違いなのか等は不明。だが今回は「これなら心置きなくハイペースの走りが楽しめる」と、印象が修正できた次第。

一方でホンダから『S660』が登場した今、コチラのエンジンは比較すると、回して走ることで楽しさが実感できる性格であることも認識。自動シフトのASGは『フィアット500』などの初期型より遥かに変速時間もツメられ、ショックも少ない。が、マニュアル操作でシフトを行なうと、よりエンジンの旨味を引き出しながら走れる。

そして燃費だ。今回、街中、高速道路を含め、200km以上を普通に走らせて19.9km/リットル(満タン法)と出た。これは、アクセルを踏み込んでワインディングを走る場面も含めてだから、十分に優秀。ちなみにノーマルの「X」も同様に走って26.2km/リットル(同)。それぞれカタログ記載のJC08モード燃費の数字こそ上回っていないものの、両車とも実生活のなかで使う実燃費としたら“御の字”だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース