【ニューヨークモーターショー15】サイオン iM、改良新型 トヨタ オーリス に同一仕様

自動車 ニューモデル モーターショー

サイオン iM
  • サイオン iM
  • サイオン iM
  • トヨタ オーリス RS(2WD)
  • トヨタ オーリス RS(2WD)
  • サイオン iM
  • トヨタ オーリス RS
トヨタ自動車の米国の若者向けブランド、サイオンが4月1日、ニューヨークモーターショー15で初公開したサイオン『iM』。その正体は、改良新型トヨタ『オーリス』そのものだ。

これまで、サイオンiMは、トヨタオーリスが「ベース車両」になると見られていた。ところが、トヨタは4月6日、日本国内で改良新型オーリスを発表。そのデザインは、サイオンiMと「全く共通」ということが判明した。

ただし、サイオンiMと同じなのは、改良新型オーリスのスポーツグレード、「RS」のみ。RSは、メッシュグリルやエアロパーツ、アルミホイールなどが特徴。このグレードが、サイオンiMと共通仕様となる。

また、両車のエンジンは、バルブマチック仕様の1.8リットル直列4気筒ガソリンという点も同じ。最大出力はサイオンiMが137hp、オーリスが144psと、若干チューニングに違いがあるが、トランスミッションが6速MTという点も重なる。

以上のことから、サイオンiMが、米国ではスポーティなハッチバックに位置付けられていることが分かる。ニューヨークモーターショー15のプレスカンファレンスにおいて、サイオンは、「iMはスポーティなハッチバックを求める若い顧客への回答」とアピールしていた。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集