【ニューヨークモーターショー15】インフィニティ QX50、日産スカイライン クロスオーバー…表情一新

自動車 ニューモデル モーターショー
インフィニティ QX50(日産 スカイライン クロスオーバー)の2016年モデル
  • インフィニティ QX50(日産 スカイライン クロスオーバー)の2016年モデル
  • インフィニティ QX50(日産 スカイライン クロスオーバー)の2016年モデル
  • インフィニティ QX50(日産スカイライン クロスオーバー)の2016年モデル
  • インフィニティ QX50(日産 スカイライン クロスオーバー)の2016年モデル
  • インフィニティ QX50(日産 スカイライン クロスオーバー)の2016年モデル
  • インフィニティ QX50(日産 スカイライン クロスオーバー)の2016年モデル
  • インフィニティ QX50(日産スカイライン クロスオーバー)の2016年モデル
日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティは4月1日(日本時間4月1日夜)、米国で開幕したニューヨークモーターショー15において、『QX50』(日本名:日産『スカイライン クロスオーバー』)の2016年モデルを初公開した。

インフィニティQX50は、2007年に『EX』の車名で北米市場に投入。当時の『スカイライン』の車台をベースに開発されたクロスオーバー車で、2009年7月には、日本国内へ日産スカイラインクロスオーバーの車名で導入された。2014年モデルでは、インフィニティの新たなネーミング手法に従い、車名をEXから、QX50に変更している。

ニューヨークモーターショー15では、QX50の2016年モデルが初公開。前後バンパー、フロントグリル、サイドシル、アルミホイールのデザインを変更。フロントには、新デザインのLEDデイタイムランニングライトを組み込み、ドアミラーもLEDウインカー付きになった。

2016年モデルでは、ホイールベースを80mm延長。2014年秋、中国で初公開されたQX50のロングホイールベース車と同じボディになり、室内のゆとりや後席足元空間が拡大する。最低地上高も、10-20mm引き上げられた。

パワートレインに変更はない。「VQ37VHR」型3.7リットルV型6気筒ガソリンエンジンは、最大出力325hp、最大トルク36.9kgmを発生。トランスミッションは、レブマッチング機能付きの7速ATを組み合わせている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【ジュネーブモーターショー15】インフィニティ QX30コンセプト 公開…市販版は2016年 画像 【ジュネーブモーターショー15】インフィニティ QX30コンセプト 公開…市販版は2016年
  • 【レクサス NX 発売】新開発の2リットルターボは238ps[写真蔵] 画像 【レクサス NX 発売】新開発の2リットルターボは238ps[写真蔵]
  • 【まとめ】日本の道路事情も考慮したコンパクトSUV…メルセデスベンツ GLA 画像 【まとめ】日本の道路事情も考慮したコンパクトSUV…メルセデスベンツ GLA
  • 本格SUVへ進化…BMW X1 次世代モデルをスクープ 画像 本格SUVへ進化…BMW X1 次世代モデルをスクープ
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース