【F1 日本GP】観戦シート紹介…スタートの瞬間も観ることができる最終コーナーR席 3月7日チケット発売

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
R席からの観戦ビュー
  • R席からの観戦ビュー
  • 座席によってはメインストレートを真後ろから観られるR席
  • R席からの観戦ビュー
  • 上が通常時、下がDRS稼働時。リアウイングの上部が水平になっているのが分かる
  • R席裏にはパウダールームや授乳室なども充実
  • R席シケイン寄り中段付近からの観戦ビュー
  • R席中央上段付近からの観戦ビュー
  • R席中央上段付近からの観戦ビュー
9月25~27日に開催される「F1日本グランプリ2015」。観戦チケットは3月7日から販売が開始される。

鈴鹿サーキットでは来場するファンそれぞれの観戦スタイルに合わせて多数の種類のチケットを販売。細かいニーズに応えることができる一方で、初めて観戦に行くファンにとってはどれを選べば良いか悩んでしまうだろう。

そこで何回かに分けて、日本GP観戦チケット特徴、メリットを紹介していく。今回は最終コーナーの「R席」だ。

鈴鹿サーキットの最終コーナーは日立オートモティブシステムズ シケインから全開で最終コーナーを駆け下っていく。他のコーナーと比べると見どころが少なそうに観えるが、途中にわずかな起伏が影響しバランスを崩しやすい。そこを上手く攻略できるか否かでタイムに大きく影響してくるコーナーでもある。

また遠目ではあるがシケインも観える他、座席によってはメインストレートを真後ろから観ることが可能。スタートの瞬間を他の席とは違う角度から楽しむことが出来る。また鈴鹿サーキットではメインストレートでのみ可変リアウイングシステム「DRS」を稼働させることができる。ウイングが開いている状態も、後方から確認出来るかもしれない。

またR席は座席以外の環境面も充実しており、スタンド裏に食べ物の屋台に加えグッズショップも多数出展。トイレに女性専用のパウダールーム、小さなお子様連れのご家族には便利な授乳室もあり、1日最終コーナーエリアで過ごすことが出来るくらい充実した環境。もちろんGPスクエアなどにも簡単にアクセスできる。

価格は大人が4万5300円、大学・高校生が3万900円、子ども(3歳~中学生)が6200円。駐車場券とセットでの購入も可能なエリアだ。

《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集