JR西日本の豪華寝台列車、名前は『TWILIGHT EXPRESS 瑞風』に

鉄道 企業動向
JR西日本が2017年春から運行を開始する豪華寝台列車の名称が『TWILIGHT EXPRESS 瑞風』に決定。『トワイライトエクスプレス』の伝統を受け継ぎつつ、「美しい瑞穂の国を風のように駆け抜ける列車」をイメージした。画像は列車名の発表と同時に公開されたロゴマーク。
  • JR西日本が2017年春から運行を開始する豪華寝台列車の名称が『TWILIGHT EXPRESS 瑞風』に決定。『トワイライトエクスプレス』の伝統を受け継ぎつつ、「美しい瑞穂の国を風のように駆け抜ける列車」をイメージした。画像は列車名の発表と同時に公開されたロゴマーク。
  • 『瑞風』で使用する車両の外観イメージ。編成の先頭部には展望スペースが設けられる。
  • 『瑞風』で使用する車両の編成図。10両編成だが定員は30人程度となる。
  • 『瑞風』10両編成のうち客室が設けられるのは6両。画像は1両をまるごと使う最上級客室のイメージで、バスルームも設けられる。
  • 今年3月で廃止される大阪~札幌間の臨時寝台特急『トワイライトエクスプレス』。『瑞風』は『トワイライトエクスプレス』の伝統を受け継ぐ列車とし、「TWILIGHT EXPRESS」をサブタイトルとして付け加えている。
JR西日本は2月19日、同社が2017年春の運行開始に向けて準備を進めている新たな寝台列車の名前を『TWILIGHT EXPRESS 瑞風(みずかぜ)』に決めたと発表した。今春のダイヤ改正で姿を消す寝台列車『トワイライトエクスプレス』の伝統を受け継いでの命名という。

同社が2017年春の運行開始を目指している新たな寝台列車は、客室のほか食堂車やラウンジカー、展望スペース付き先頭車からなる10両編成で、定員は30人程度という豪華列車。運行中に沿線観光地に立ち寄っての観光を含む、いわゆる「クルーズトレイン」として計画されている。

列車名の『TWILIGHT EXPRESS 瑞風』は「運行開始より25年間で約110万人のお客様にご乗車いただいたトワイライトエクスプレスの伝統を受け継ぐとともに、美しい日本の素晴らしさを感じていただける列車」として命名。「瑞風」は「みずみずしい風」「吉兆をあらわすめでたい風」という意味があり、「美しい瑞穂の国を風のように駆け抜ける列車」をイメージしたという。「TWILIGHT EXPRESS」はサブタイトルとしてつけられている。

ロゴは「瑞風」のローマ字での頭文字となる「M」の文字と天使をあしらったデザインで「Mを沿線の山並みに見立て、吹き抜ける風をトワイライトエクスプレスの象徴である天使で表現」したという。

列車名と同時に、同列車で提供される食事を監修する料理人も決定。JR西日本は『瑞風』での食事について『トワイライトエクスプレス』の車内調理の伝統を引き継ぎつつ、朝昼夜の食事ごとに「食の匠」がメニューを監修するとしており、料亭「菊乃井」3代目主人の村田吉弘さん、レストラン「HAJIME」オーナーシェフの米田肇さんの2人が決定した。

JR各社の豪華寝台列車(クルーズトレイン)では、JR九州が2013年から『ななつ星 in 九州』を運行している。JR東日本も2017年春からクルーズトレイン「TRAIN SUITE『四季島』」の運行を始める予定だ。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

  • JR西日本の豪華寝台列車、10両編成で定員30人程度に 画像 JR西日本の豪華寝台列車、10両編成で定員30人程度に
  • JR東日本のクルーズトレイン、列車名は『四季島』に 画像 JR東日本のクルーズトレイン、列車名は『四季島』に
  • JR東日本のクルーズトレイン、2017年春から運行開始へ 画像 JR東日本のクルーズトレイン、2017年春から運行開始へ
  • JR九州、「ななつ星」第4期の倍率が過去最高に 画像 JR九州、「ななつ星」第4期の倍率が過去最高に

特集