マツダ ロードスター 新型に、三菱化学と共同開発の新素材…無塗装で外装に使用できる

自動車 ビジネス 企業動向

マツダ ロードスター(東京オートサロン2015)
  • マツダ ロードスター(東京オートサロン2015)
  • マツダ ロードスター(東京オートサロン2015)
  • マツダ ロードスター(東京オートサロン2015)
三菱化学は、マツダと自動車の外装意匠部品に無塗装で使用できるバイオエンプラ「DURABIO」の新グレードを共同開発したと発表した。

開発した新グレードは、今年マツダが発売する予定の新型『ロードスター』の内装意匠部品に採用され、その後順次、量産車の外装意匠部品にも展開される予定。

DURABIOは、植物由来のイソソルバイドを原料としたバイオエンプラで、耐衝撃性・耐熱性・耐候性などの面から従来の一般的なエンプラより優れた性能を持つ。

発色性も良く、透明度が高いため、顔料を配合するだけで、つややかな光沢のある表面に仕上げることも可能。また、表面が堅くて丈夫なため、擦り傷が付きにくく、塗装工程も不要で、塗料から出るVOC(揮発性有機化合物)排出をゼロにできる。

マツダは、自動車内外装意匠部品への適用に向けた加工技術の最適化を担当し、三菱化学がDURABIOの材料特性の最適化を担当した。この結果、自動車の内装意匠部品に加え、外装意匠部品にも使用できるグレードの開発に成功した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集