WTCC日本ラウンド、ツインリンクもてぎで初開催…9月12日・13日

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)日本ラウンド(鈴鹿サーキット)
  • FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)日本ラウンド(鈴鹿サーキット)
  • FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)日本ラウンド(鈴鹿サーキット)
モビリティランドは、世界ツーリングカー選手権(WTCC)日本ラウンドを9月12日・13日、ツインリンクもてぎで開催すると発表した。

WTCCは国際自動車連盟(FIA)が管轄する、世界最高峰のツーリングカーレース。昨年は初参戦のシトロエンが、24レース中17レースで勝利し、マニュファクチャラーズ・ドライバーズタイトルを獲得した。

日本では2008年に岡山国際サーキットで初開催、2011年からは鈴鹿サーキットでの開催に変更。ツインリンクもてぎでは初開催となる。

開催日程は、9月12日にフリー走行と予選、翌13日に決勝(レース1・レース2)を行う。サポートレースやチケット情報などは後日発表の予定。

モビリティランドの曽田浩社長は「ツインリンクもてぎのロードコースは、WTCCの魅力をより引き出すコースとして評価を受けている。世界最高峰のツーリングカーレース開催によって、もてぎの魅力をさらに多くのモータースポーツファンに提供できると確信している」とコメントした。

また、WTCCをプロモートするEEL(Eurosports Events Limited)のフランソワ・リベイロ氏は「WTCCにとって日本の新たなホームグラウンドともいえる場所を、もてぎに見いだした。MotoGPでも使用されるロードコースは、ツーリングカーにとっても高いレベルのレースができる。もてぎのコースレイアウトであれば、オーバーテイクなどの接近戦が確実に期待できるだろう」と述べている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集