国交省、二輪車のABS装備を義務化…新型車は2018年10月以降

自動車 社会 行政

スズキ・GSX-R1000 ABS(ドイツ・インターモト 2014)
  • スズキ・GSX-R1000 ABS(ドイツ・インターモト 2014)
国土交通省は1月21日、二輪車に先進制動システム(ABS/CBS)の装備を、バス・トラックに車線逸脱警報装置(LDWS)の装備を義務化すると発表した。

二輪車にについては、アンチロックブレーキシステム(ABS)を二輪自動車に、ABSまたはコンバインドブレーキシステム(CBS)を原付2種に装備を義務付ける。適用時期は、新型車が2018年10月1日以降、継続生産車が2021年10月1日以降。

バス・トラックについては、新型車は2017年11月1日以降順次、継続生産車は2019年11月1日以降順次、LDWSの装備を義務化する。

また、自動車の安全基準の拡充・強化を進めるとともに、自動車の安全確保に関する国際的な整合性を図るため、国連の「内部突起に係る協定規則(第21号)」の国内基準への導入を新型車は2018年1月22日以降、継続生産車は2020年1月22日以降に行う。
《纐纈敏也@DAYS》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品