【F1 日本GP】新発売の「西エリアチケット」、若者にも買いやすく

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2014F1日本GP
  • 2014F1日本GP
  • 2014F1日本GP
  • 2014F1日本GP
  • 2014F1日本GP
  • 2014F1日本GP
  • 2014F1日本GP
  • F1 日本GP 2014
  • F1 日本GP(鈴鹿サーキット)
モビリティランドは20日、2015年のF1日本GP開催概要に加え観戦チケットの概要を発表。今年は新たに「西エリアチケット」と呼ばれる券種が販売されることになった。

これまでは現地での混乱を防ぐため全エリアが指定席化され、その分チケット最低価格も1万円を超えていたが、鈴鹿のみならず世界中のF1開催地でチケット価格の高騰が問題となっており、今回の日本GPでもその打開策の一つとなる西エリアチケットとなりそう。

価格設定も若干特殊となっており24歳以上の大人は9000円、15歳~23歳(中学在学生を除く)は6000円、3歳~中学生は3000円。大学生など高額なチケットを購入するのが難しい若者に、少しでも現地でF1を観戦してもらおうという狙いが伝わってくる。

観戦可能エリアは、主にコース後半の立体交差、130R、スプーン、西ストレートの4か所。これらのエリア内であれば、自由に移動し観戦が可能となっている。なお西エリアチケットの発売日は7月12日の予定だ。

この他にも、アマチュアカメラマン向けの撮影専用エリア券「カメラマンエリアチケット」や、女性同士での観戦にも安心の「レディースシート」。小さなお子様連れのご家族向けの特典満載な「ファミリーシート」など、ファンの観戦スタイルに合わせた様々なチケットが用意されている。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集