ドライバーの眠気を検知するウェアラブルセンサー、富士通が発売

自動車 ビジネス 国内マーケット

FEELythm本体とレシーバー
  • FEELythm本体とレシーバー
  • 運行管理システムとの連携イメージ図
富士通は、ドライバーの脈波から眠気の傾向を検知し、ドライバーや運行管理者に対し、安全運転を支援するウェアラブルセンサー「FUJITSU Vehicle ICT FEELythm(FEELythm)」を開発し、2015年2月より運輸業向けに販売を開始する。

新製品は、約90gの本体を首にかけ、イヤクリップセンサーを耳に装着して、脈波や自律神経状況などのバイタルデータを取得。富士通研究所が開発した独自のアルゴリズムにより高精度な眠気検知をおこない、ドライバーに音声または振動で通知する。

自動キャリブレーションと学習機能により、バイタルデータの個人差などによる精度のばらつきを解消し、より正確に眠気の傾向を検知。長距離運行での活用を想定し、5日間の連続使用が可能なバッテリーを搭載する。

また、デジタコなどの車載機と接続し、運行管理システムと連携させることで、運行管理者がドライバーの状態をリアルタイムに確認でき、客観的なデータに基づいた最適な指示を出すことができる。さらに将来的には、疲労やストレス、緊張状態などの検知データを蓄積し、ハザードマップに適用することで、事前に危険予測を行い運輸安全マネジメントの向上に繋げることが可能となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集