マークX GRMN に東レのスエード調人工皮革「ウルトラスエード」採用…トヨタ国内生産車で初

自動車 ニューモデル 新型車

東レのウルトラスエードが採用されたマークX“GRMN”のフロントシート
  • 東レのウルトラスエードが採用されたマークX“GRMN”のフロントシート
  • 東レのウルトラスエードが採用されたマークX“GRMN”のステアリングホイール
  • 東レのウルトラスエードが採用されたマークX“GRMN”のシフトノブとパーキングブレーキ
  • 東レのウルトラスエードが採用されたマークX“GRMN”のオーナーズマニュアルケース
  • トヨタ マークX GRMN
  • トヨタ マークX GRMN
  • トヨタ マークX GRMN
  • トヨタ マークX GRMN (東京オートサロン15)
東レは、スエード調人工皮革「ウルトラスエード」が、トヨタ自動車のスポーツコンバージョン車『マークX GRMN』のフロントシートをはじめとする内装材と、オーナーズマニュアルケース(車検証入れ)に採用されたと発表した。

マークX GRMNは、2015年6月に100台限定で発売される。トヨタの国内生産モデルにウルトラスエードが採用されるのは、今回が初めて。

スエード調人工皮革のウルトラスエードは、東レが1970年に超極細繊維生産技術をベースに開発した。超極細繊維が束状になって緻密に絡み合った天然スエードと同じような構造の先端素材。上質な素材感、滑らかな手触り、美しい発色や様々な表面加工による意匠性などが評価され、今回の採用が決まった。

ウルトラスエードが適用された内装部位は、フロントシートのほか、ステアリングホイール、シフトノブ、パーキングブレーキレバー、フロアコンソールボックス、ドアトリム。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集