【東京オートサロン15】ダイハツと三条市の中小企業がつくったトレーラーに反響

自動車 ニューモデル モーターショー

新潟県三条市の中小企業がダイハツとコラボしてつくったトレーラー
  • 新潟県三条市の中小企業がダイハツとコラボしてつくったトレーラー
  • 新潟県三条市の中小企業がダイハツとコラボしてつくったトレーラー
  • 新潟県三条市の中小企業がダイハツとコラボしてつくったトレーラー
  • 新潟県三条市の中小企業がダイハツとコラボしてつくったトレーラー
  • 新潟県三条市の中小企業がダイハツとコラボしてつくったトレーラー
14台の『コペン』が並ぶダイハツ工業のブース。その片隅に同車に牽引された小さなトレーラーがあった。三条市の中小企業がダイハツとコラボしてつくったもので、今後受注生産をして販売を開始するという。

三条市といえば、新潟県の中でも匠の技を持った中小企業が集まる地域だ。その中には、世界的に有名な企業も少なくない。そんな三条市とダイハツのコラボが始まったのが昨年6月、ちょうど『コペン』が発売された時期だ。

「ダイハツから話がありまして、『コペン』を三条市が持っている技術を使って、さらに魅力的にしてもらいたいと1台提供してくれたんです。最初は改造車をつくろうと考えていましたが、それでは改造車が多いオートサロンでは注目されない、特色を持ったものにしなければならないとなったのです。それで、このトレーラーをつくりました」と板垣金属の板垣薫社長は説明する。

製作には板垣金属のほかに2社、そしてデザイナーが参加し、半年かけて完成させたそうだ。開発費は約1000万円で、もちろん職人が匠の技を駆使してつくり上げた。「牽引部分は国際規格にしてありますので、小型車などさまざまな車に付けることができます」と板垣社長。

会場での反響はすごく、買いたいという来場者が続出し、すぐに自動車メーカー数社から引き合いがあったそうだ。価格はまだ未定とのことだが、会場での反応から50~80万円を考えているという。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集