【デトロイトモーターショー15】BMW、華麗な演出で6シリーズを披露

自動車 ニューモデル モーターショー

BMW 6シリーズ コンバーチブル(デトロイトモーターショー15)
  • BMW 6シリーズ コンバーチブル(デトロイトモーターショー15)
  • BMW 新型M6クーペ(デトロイトモーターショー15)
  • BMW 新型M6クーペ(デトロイトモーターショー15)
  • BMW 新型M6クーペ(デトロイトモーターショー15)
  • BMW CSL(デトロイトモーターショー15)
  • BMW新型6シリーズグランクーペ(デトロイトモーターショー15)
  • BMW新型6シリーズグランクーペ(デトロイトモーターショー15)
  • BMW CSL(デトロイトモーターショー15)
2015年1月12日、デトロイトモーターショーにおいてBMWは新型となった『6シリーズ』を初公開した。

プレスカンファレンスの演出では、1975年のデイトナ24時間レースに参戦したBMW『CSL』を展示。「究極のドライビングマシーン」というイメージをアピールした。

その後、弦楽演奏と共に「6シリーズグランクーペ」が登場。そして音楽はロックバンドにバトンタッチされ「M6クーペ」が現れる。さらにサックスによるジャジーな演奏となると「6シリーズコンバーチブル」が登場。クラシック、ロック、ジャズに合わせて3台の新型6シリーズが披露されたのだ。
《鈴木ケンイチ》

編集部おすすめのニュース

特集