レンジローバー スポーツ、550psのドリフトをスローモーション映像で[動画]

自動車 ニューモデル 新型車

レンジローバー スポーツSVR
  • レンジローバー スポーツSVR
英国の高級SUVメーカー、ランドローバーが2014年8月に発表した『レンジローバー スポーツSVR』。同車のドリフト走行映像が、ネット上で公開されている。

レンジローバー スポーツSVRは、新型『レンジローバー スポーツ』の頂点に立つ高性能グレード。ランドローバーが新たに立ち上げた「スペシャル・ビークル・オペレーションズ」(SVO)が開発を担当。SVOは、ランドローバーの顧客の細かい好みに応じたカスタマイズを、専門に行う新しい部門。個性的な1台を求める顧客のニーズに応えて、高性能車や超高級仕様、コレクターエディション的な限定車の開発を手がける。

レンジローバー スポーツSVRでは、5.0リットルV型8気筒スーパーチャージャーエンジンの最大出力を、510psから550psへ、40ps向上。最大トルクも63.7kgmから69.4kgmへと、5.7kgm引き上げられた。

内外装も、専用エアロパーツやバケットシートなどが、高性能モデルであることを主張。もちろん、パワーアップに対応して、足回りも強化された。タイヤは275/45R21サイズ。トランスミッションはZF製の8速AT。0-100km/加速は4.7秒、最高速は260km/hと、SUVとしては異例の性能を備える。

2014年12月中旬、ランドローバーは、公式サイトを通じて、レンジローバー スポーツSVRの最新映像を配信。チーフエンジニアのマイク・クロス氏が、レンジローバー スポーツSVRをサーキットでドリフト走行。その様子を、スローモーションで紹介している。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集