日立、台湾鉄路から特急電車を追加受注…2016年から運行開始

鉄道 企業動向

日立は台湾鉄路から振子式特急電車のTEMU1000形を追加受注した。2016年6月以降の運行開始を予定している。
  • 日立は台湾鉄路から振子式特急電車のTEMU1000形を追加受注した。2016年6月以降の運行開始を予定している。
  • 日本車両のTEMU2000形は車体傾斜式。こちらも16両が追加発注されている。
日立製作所は1月9日、台湾鉄路管理局から「太魯閣(タロコ)号」ことTEMU1000形電車16両(8両編成2本)を追加受注したと発表した。2016年から運行を開始する。

TEMU1000形は、斗六(ドウリュー)~台北~寿豊(ショウフォン)間で運用されている振子式特急形電車。日立製作所が2006年から2007年にかけて48両(8両編成6本)を製造し、2007年5月から運行を開始した。

JR九州で運用されている885系特急形電車がベースになっており、最高速度は設計150km/h、営業130km/h。カーブ区間では振子装置を使用することで車体を最大5度傾け、振子装置を搭載していない車両より25km/h速く走行することができる。

日立によると、今回受注した16両は今月から製造を開始し、2015年度中に車両を納入。2016年6月以降に運行を開始する予定だ。台湾鉄路はこのほか、日本車輌製造にもTEMU2000形特急電車「普悠瑪(プユマ)号」を16両、追加発注している。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集