【スズキ アルト 新型発表】丸と四角を整然と…工業デザインの基本を踏襲したインテリア

自動車 ニューモデル 新型車

スズキ アルト X
  • スズキ アルト X
  • スズキ アルト
  • スズキ アルト 新型
  • スズキ アルト
  • スズキ アルト X
  • スズキ アルト X
  • スズキ アルト X
  • スズキ アルト X
新型スズキ『アルト』のインテリアは、エクステリアと同様に、プロポーションとクオリティをコンセプトにデザインされた。

そう話すのは、スズキ四輪デザイン部企画管理課チーフデザイナーの内山一史チーフデザイナーだ。「それをもとにシンプルでクリーンなデザインを表現している」という。

「直線基調にして、線を曲げるなど動きがないようにしている」と話す。「そうすることで限られた寸法の中でどれだけ幅広く見せられるかを狙った」と内山さん。

また、カラーについても、「最初は黒やグレーという案もあったが、昨今ハイコントラストのインテリアが増えているので、時代に合わせた色を使っている。更に所々にメッキ調の加飾を少しだけ使うことで、お洒落な感じを醸し出している」と説明する。

「工業デザインなので、丸と四角をきれいに並べるのが基本だ」と内山さん。

そこで、「中央のオーディオ周りでは、センタールーバーとオーディオの長方形、そして左右にあるエアアウトレットの丸とをきれいに並べるようにしている」と話す。また、「センタールーバーとオーディオの長方形のプロポーションと、エクステリアのフロントグリルにある長方形を反復させることで、ちょっとした遊び心も持たせている」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集