【東京モーターショー15】自工会池会長、「SMART MOBILITY CITY」を2019年までシリーズ化

自動車 ビジネス 企業動向

【東京モーターショー15】自工会池会長、「SMART MOBILITY CITY」を2019年までシリーズ化
  • 【東京モーターショー15】自工会池会長、「SMART MOBILITY CITY」を2019年までシリーズ化
  • SMART MOBILITY CITY 2013
  • 自工会の池史彦会長(自動車工業団体新春賀詞交換会)
日本自動車工業会は今年秋の東京モーターショー2015で、テーマ事業として実施する「SMART MOBILITY CITY」について、未来モビリティのショーケース都市を意識した展示とする方針だ。クルマに住宅や社会インフラなどを加えた未来都市を提案する。

自工会の池史彦会長が1月6日の賀詞交歓会で明らかにした。池会長によると、今年以降のSMART MOBILITY CITYのコーナーでは、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年の東京をイメージしながら「次世代自動車を取り巻く新たな社会システムとライフスタイル」を提案するという。

今年は「ショーケース都市のミニチュア版」として展示、さらに2017年、19年の東京モーターショー開催時まで3回のシリーズ化で、内容も進化させる計画だ。今年はそうしたテーマ展示のほか、次世代のパーソナルモビリティや自動運転技術の試乗体験コーナーなども開設する。SMART MOBILITY CITYは、東京モーターショーの会場を東京ビッグサイトに移した2011年から主催者イベントとして開始、今年で3回目を迎える。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集