韓国ヒュンダイ、BMW M の副社長をヘッドハント…高性能車開発へ

自動車 ビジネス 企業動向
アルベルト・ビアマン氏
  • アルベルト・ビアマン氏
  • ヒュンダイ ジェネシスクーペ コスワースCGRSコンセプト(参考画像)
  • ヒュンダイ ジェネシスクーペ(参考画像)
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は12月23日、車両のテストと高性能車の開発部門のトップに、アルベルト・ビアマン氏を起用すると発表した。

アルベルト・ビアマン氏は、現在57歳。直近まで、ドイツの高級車メーカー、BMWの高性能車部門、BMW Mの副社長の地位にあった。ヒュンダイが同氏を、ヘッドハントした形。

同氏は1983年、BMWに入社。以来、市販車やレーシングカーの開発を手がけてきた。その功績が認められ、2008年からは、BMW Mの副社長に。

アルベルト・ビアマン氏は2015年4月1日付けで、ヒュンダイの車両のテストと高性能車の開発部門のトップに就任する予定。ヒュンダイとキアの両ブランドの高性能車の開発を主導していく。

同氏は、「ヒュンダイグループの一員になることに興奮している。2015年は多くの新型車の投入と、WRCでは2シーズン目の重要な1年。挑戦が楽しみ」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース