【SUPER GT】グッドスマイルレーシング、2015年はメルセデスベンツ SLS AMG GT3 で参戦

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
グッドスマイルレーシング参戦発表会
  • グッドスマイルレーシング参戦発表会
  • レーシングミク 2015 ver.
  • グッドスマイルレーシング参戦発表会
  • ドライバー:谷口信輝選手(右)/片岡龍也選手(左)
  • グッドスマイルレーシング参戦発表会
  • エントラント代表:安藝貴範(株式会社グッドスマイルレーシング代表取締役)
  • 監督:片山右京(TeamUKYO 代表)
  • 監督:片山右京(TeamUKYO 代表)
12月23日、グッドスマイルレーシングは2015年のSUPER GT参戦発表会を開催した。これまで同様にGT300クラスへ参戦、マシンを「BMW Z4 GT3」から「メルセデスベンツ SLS AMG GT3」に変更する。

エントラント代表の安藝貴範氏は、「チームの布陣は2014年と変わらず、片山右京監督、谷口・片岡ドライバーで連覇を目指していこうと考えている」と発表。2014年はドライバーズチャンピオンを獲得したが、2015年はチームチャンピオンも達成する意気込みを語った。続けて片山右京監督は、「レギュレーションが厳しいなかでの2連覇は難しいが、歴史に残る強いチームを目指してがんばりたい」とコメント。

また、マシンが変わることに対して問われたドライバーのふたりは、「SLSは以前使ったことがあるマシン。とても期待している」(谷口信輝選手)、「他車より有利とまでは言わないが、パフォーマンスはとても高いマシン」(片岡龍也選手)と話した。

さらに記者会見ではチームの公式キャラクター「レーシングミク 2015年 ver.」のイラストも発表。担当イラストレーターはセガやスクウェア・エニックスのゲームでキャラクターデザインなどを担当してきたタイキ氏で、コンセプトは“守りも攻めもできる姫騎士”とのこと。

そしてマシンデザインはBEAMSのコラボTシャツやアニメ『交響詩篇エウレカセブン』のグラフィックデザインを担当した草野剛氏、アートディレクションは『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』やディズニー映画『ベイマックス』のデザイン制作に参加したコヤマシゲト氏。
《佐藤隆博》

編集部おすすめのニュース

特集