【ホンダ N-BOXスラッシュ 発表】“本気の遊び心”から生まれたデザイン[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車
ホンダ N-BOX スラッシュ Xグレード(サーフブルー&ホワイト)
  • ホンダ N-BOX スラッシュ Xグレード(サーフブルー&ホワイト)
  • ホンダ N-BOX スラッシュ Xグレード(サーフブルー&ホワイト)
  • ホンダ N-BOX スラッシュ Xグレード(サーフブルー&ホワイト)
  • ホンダ N-BOX スラッシュ Xグレード(サーフブルー&ホワイト)
  • ホンダ N-BOX スラッシュ Xグレード(サーフブルー&ホワイト)
  • ホンダ N-BOX スラッシュ Xグレード(プレミアムホワイトパール2&レッド)
  • ホンダ N-BOX スラッシュ Xグレード(プレミアムホワイトパール2&レッド)
  • ホンダ N-BOX スラッシュ Xグレード(プレミアムホワイトパール2&レッド)
ホンダは12月22日、新型軽ワゴン『N-BOXスラッシュ』を発売した。実はデザイナーの1枚の“遊びスケッチ”から開発がスタートしたというN-BOXスラッシュ。ラインアップの中から、上級グレード「X」を写真で紹介する。

開発のきっかけは、担当デザイナーが描いた、『N-BOX』のルーフを削り低くしたスケッチ。何気なくホワイトボードに貼られたそのスケッチが開発者の興味を引き、実物大のモックアップも完成させた。その後、役員の眼にも止まり、量産されることになったという。

N-BOXスラッシュのテーマは“型破りの軽”。性能や機能性、使い勝手のよさも残しながら“感性に訴える”ことを軸に開発。エクステリア、インテリア、カラーをトータルで捉え、ひとつの世界観と捉えるデザインを目指した。インテリアは“オーディオルーム”をコンセプトに、8.1ch(8スピーカー+1サブウーファー)のサウンドシステムを装備。開発者の自由と遊び心を1台に詰め込んだ。

「X」グレード(FF)のボディサイズは全長3395×全幅1475×全高1670mm(全長、全幅は全グレード共通)、室内サイズは長さ2180×幅1335×高さ1290mmの設定。加えて最低地上高は140mm。車両重量は930kgとなっている。

エンジンはNAとターボがラインアップされ、それぞれFFと4WDが選択できる。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集