ラッピングで消えた京阪の「鳩」はどこに?…叡電がイベント開催

鉄道 企業動向

叡電は京阪特急伝統の「ハトマーク」を叡電線内で探すイベントを開催。先着1000人に「叡電ハトマーク」のシールがプレゼントされる。
  • 叡電は京阪特急伝統の「ハトマーク」を叡電線内で探すイベントを開催。先着1000人に「叡電ハトマーク」のシールがプレゼントされる。
  • 京阪8000系に取り付けられている「ハトマーク」。叡電にやってきた「ハトマーク」は「特急」の文字が「叡電」に置き換えられている。
  • 「叡電ハトマーク」は叡山電鉄の車両や駅などに掲出される。写真は900系「きらら」。
  • 「叡電ハトマーク」の掲示場所は常に移動する。写真は八瀬比叡山口駅。
  • 「叡電ハトマーク」の画像とフリー切符を出町柳駅のインフォメーションセンターに提示すると、オリジナルの「叡電ハトマークシール」が先着1000人にプレゼントされる。
叡山電鉄は12月25日から、京阪電気鉄道8000系電車に取り付けられている「ハトマーク」を探し出すイベント「叡電ハトマークを探せ」を開催する。

8000系は1989年にデビューした、京阪電鉄の特急形電車。編成の先頭部には京阪特急伝統の「ハトマーク」が取り付けられているが、8010号編成はこのほど「きかんしゃトーマス」のラッピングが施されたため、ハトマークが消えている。

これを受けて、京阪と出町柳駅で連絡している叡山電鉄は「(8010号編成から)消えたハトが叡山電車の車両や駅等を飛び回」っているとして、ハトマークを探すイベントを企画。12月25日から2015年8月10日(ハトの日)まで、「特急」の部分を「叡電」に書き換えた「叡電ハトマーク」を、叡山電鉄の車両や駅のどこかに掲示する。

12月26日以降の10時から19時まで、叡山電鉄や京阪のフリー切符「えぇきっぷ」「鞍馬・貴船1dayチケット」「鴨東線開通25周年記念1日乗車券」と、「叡電ハトマーク」が掲示されている場所の画像を出町柳駅のインフォメーションセンターに提示すると、先着1000人にオリジナルの「叡電ハトマークシール」がプレゼントされる。

掲示場所は常に移動するため、引換当日に掲出されている場所の「叡電ハトマーク」の画像を提示しなければならない。また、画像は本人が撮影したものに限られる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集