磐越西線のスイーツ列車、来年4月から運行…719系を改造

鉄道 企業動向
来年4月から磐越西線で運行される予定の「フルーティア」。「走るカフェ」をコンセプトに車内でスイーツとドリンクのセットを提供する。
  • 来年4月から磐越西線で運行される予定の「フルーティア」。「走るカフェ」をコンセプトに車内でスイーツとドリンクのセットを提供する。
  • カフェカウンター車のイメージ。車両全長に渡るカウンターを設ける。
  • 座席車のイメージ。「全ての座席から車窓を眺めながらスイーツや会話をゆったりと楽しめる座席やテーブルの配置」にするという。
  • 「フルーティア」は東北地区の普通列車で運用されている719系の改造車。カフェカウンター車1両と座席車1両の計2両で構成される。
JR東日本仙台支社は11月27日、磐越西線で「走るカフェ」をコンセプトにした新しい観光列車を運行すると発表した。車両の愛称は「フルーティア」。2015年4月下旬以降、土曜・休日を中心に郡山(福島県郡山市)~会津若松(会津若松市)間で運行する。

仙台支社によると、「フルーティア」は「FRUIT(果物)」と「TEA(お茶)」を組み合わせた造語。719系電車2両を改造し、カフェカウンター車1両と座席車1両で構成される。座席定員は36人。

車体外観は「赤瓦や黒漆喰壁、また明治大正時代の西洋モダンが織りなす沿線の独特な街並み」を表現。車内は「明治大正時代の近代建築や会津塗のもつ豊かな質感を基本としてデザイン」するという。

カフェカウンター車は車両全長に渡るカウンターを設置。カウンター席は自由に利用できるようにする。座席車は「おひとりさまからグループまで、全ての座席から車窓を眺めながらスイーツや会話をゆったりと楽しめる座席やテーブルの配置」にする。

車内ではカフェサービスとして、福島県産のフルーツなどを使用したケーキやタルト、ドリンク類をセットにして提供する予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 北近畿タンゴ鉄道、『丹後くろまつ号』のルート・時刻を変更 画像 北近畿タンゴ鉄道、『丹後くろまつ号』のルート・時刻を変更
  • JR東日本のクルーズトレイン、列車名は『四季島』に 画像 JR東日本のクルーズトレイン、列車名は『四季島』に
  • JR九州、「或る列車」風の気動車を導入へ 画像 JR九州、「或る列車」風の気動車を導入へ
  • のと鉄道の観光列車、2015年春に登場へ 画像 のと鉄道の観光列車、2015年春に登場へ
  • JR東日本のクルーズトレイン、2017年春から運行開始へ 画像 JR東日本のクルーズトレイン、2017年春から運行開始へ

特集