セアト のスペイン工場、期間工を採用へ…アウディ Q3 の需要増に対応

自動車 ビジネス 企業動向
セアトのスペイン工場で生産されるアウディQ3
  • セアトのスペイン工場で生産されるアウディQ3
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループに属し、スペインに本拠を置くセアトは11月18日、スペインのマルトレル工場に、233名の期間工を雇用すると発表した。

今回の増員は、セアト『イビーサ』とアウディ『Q3』に対する需要が増していることへの対応。

フォルクスワーゲンは2011年6月から、グループ内での生産効率引き上げを目的に、アウディQ3をセアトのスペイン工場で生産。アウディ車がセアトの工場で組み立てられるのは、初となった。

フォルクスワーゲングループは、セアトのマルトレル工場に、Q3の生産に備えて3億3000万ユーロを投資。生産ラインを大幅に改修した。同工場は最大で、年間10万台のQ3を組み立てる能力を持つ。

アウディQ3は、欧州で初の大幅改良モデルを発表したばかり。今後、需要が増すことが見込まれるため、セアトはスペイン・マルトレル工場に期間工を採用して、需要に対応していく。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集