【ロサンゼルスモーターショー14】トヨタ プリウスα、米国で2015年型…表情一新

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ プリウスv(プリウスα)の2015年型
  • トヨタ プリウスv(プリウスα)の2015年型
  • トヨタ プリウスv(プリウスα)の2015年型
  • トヨタ プリウスv(プリウスα)の2015年型
  • トヨタ プリウスv(プリウスα)の2015年型
  • トヨタ プリウスv(プリウスα)の2015年型
  • トヨタ プリウスv(プリウスα)の2015年型
  • トヨタ プリウスv(プリウスα)の2015年型
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は11月19日(日本時間11月20日)、米国で開催中のロサンゼルスモーターショー14において、『プリウスv』(日本名『プリウスα』)の2015年モデルを初公開した。

プリウスαは2014年11月、日本国内で初の大幅改良車を発表したばかり。欧州向けの『プリウス+』も2014年10月、大幅改良車を発表している。今回、ロサンゼルスモーターショー14では、米国向けのプリウスvにも、大幅改良が施された。

2015年モデルの内容は、日本仕様のプリウスαに準じる。外観は、バンパーやヘッドライトのデザインを変更。バンパーは開口部を大きく取った形状とし、ブラックの部分が特徴。ヘッドライトには、トヨタ初のLEDプロジェクターを組み込む。リアはテールランプや、ディフューザー一体デザインのバンパーが新しい。

室内には、新型の4.2インチの情報モニターを上級グレードに標準装備。運転席には、8方向のパワー調整がオプション設定された。新しい「Entune」オーディオは、マルチメディアへの対応を図る。

ハイブリッドシステムに変更はない。1.8リットル直列4気筒ガソリンエンジンに、モーターを組み合わせたシステムを継続。米国EPA(環境保護局)の予想燃費は、市街地18.7km/リットル、高速17km/リットルと公表されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集