【ホンダ FCVコンセプト 発表】伊東社長「競争力ある価格にしたい」

自動車 ニューモデル 新型車
ホンダ FCVコンセプト
  • ホンダ FCVコンセプト
  • ホンダ伊東孝紳社長
  • ホンダ FCV コンセプト
  • ホンダ FCV コンセプト
  • ホンダ FCVコンセプト
  • ホンダ FCV コンセプトと伊東孝紳社長
ホンダの伊東孝紳社長は11月17日に都内の本社で記者会見し、開発中の燃料電池車(FCV)を2015年度中に、まず日本から市販開始する計画を発表した。

18日には、トヨタ自動車が12月に発売するFCV『MIRAI(ミライ)』の詳細を発表する予定であり、ホンダも対抗するようにFCVの取り組みをアピールした。会見で車両価格の目標を聞かれた伊東社長は「まだ公表できる段階にないが、競争力ある価格にしたい」と述べた。

700万円程度で市販に踏み切るトヨタについては「素晴らしい(価格水準の)提案であり、われわれの刺激になっている」とし、競争力ある値付けに向け「努力していきたい」と話した。

また、FCVの本格普及時期的については「2020年には無理でも、30年くらいにはいっぱい走っているだろう」と指摘。そのうえで「(クルマを)このクリーンエネルギー車に変えなければ、という決意で取り組んでいく」と語った。
《池原照雄》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース