米トヨタ、カムリ と アバロン をリコール…サスペンションに不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット
トヨタの米国主力車、カムリ
  • トヨタの米国主力車、カムリ
  • トヨタ アバロン
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は11月4日、『カムリ』と『アバロン』の2014年モデルの一部を、リコール(回収・無償修理)すると発表した。

今回のリコールは、サスペンションの不具合によるもの。米国トヨタ販売によると、フロント左側のサスペンションのロワアームが、ボールジョイントに正しく固定されていない可能性があるという。

この状態で走行を続けると、最悪の場合、ロワアームがボールジョイントから脱落。ステアリングが制御できなくなる恐れがあるしている。

リコールの対象となるのは、2014年モデルのカムリとアバロンの一部。両車とも、ハイブリッドを含み、米国で販売されたおよそ5650台が、リコールに該当する。

米国トヨタ販売は、対象車を保有する顧客に連絡。販売店で対策部品と交換するリコール作業を行う。なお、米国トヨタ販売は、「この不具合による事故や死傷者の報告は受けていない」とコメントしている。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース