成田空港LCC専用ターミナル、2015年4月8日始動…名前は「第3旅客ターミナル」に

航空 企業動向

成田空港「第3旅客ターミナル」外観イメージ
  • 成田空港「第3旅客ターミナル」外観イメージ
  • 成田空港「第3旅客ターミナル」本館2階フードコート館内イメージ
  • 成田空港「第3旅客ターミナル」アクセスイメージ
  • 現在の成田空港LCC搭乗エリア
  • 成田空港「第3旅客ターミナル」ブリッジイメージ
  • 成田空港「第3旅客ターミナル」外観イメージ
  • 成田空港に乗り入れる国内LCC
  • 現在の成田空港LCC搭乗エリア
成田国際空港は10月30日、LCC(低コスト航空会社)専用ターミナルの概要を発表。フードコートや免税店などを新設した「第3旅客ターミナル」が2015年4月8日から稼動する。

第3旅客ターミナルは、第2旅客ターミナルビルの北側、約500m離れた位置に設置される。「本館」側に国際線ゲート、本館からブリッジを介して結ばれるサテライトに国内線ゲートが設けられる。旅客取り扱い能力は年間750万人、延べ床面積約66,000平米。

新ターミナルへのアクセスは、第2旅客ターミナルから徒歩で500mほど移動するか、シャトルバス(運行頻度・ルートなどは検討中)を利用する。高速バスやタクシーの専用乗降場の設置も予定されている。

また、本館にはコンビニエンスストア(24時間営業)や、書店、免税店、フードコートも設置される。フードコートは「国内空港最大」(座席数400席)をうたい、寿司・そば・ハンバーガー・カフェなどを展開する。

チェックインは、同一エリアで国際線・国内線両方に対応、ムスリム(イスラム教徒)などに向けた「礼拝室」も整備される予定。

現在、成田空港に乗り入れる国内LCCはジェットスター・ジャパン、ピーチ・アビエーション、バニラ・エア、春秋航空日本。海外LCCはジェットスター航空(オーストラリア)、エア釜山(韓国)、イースター航空(韓国)、スクート(シンガポール)、チェジュ航空(韓国)、セブパシフィック航空(フィリピン)、タイ エアアジアX(タイ)、エアアジアX(マレーシア)、香港エクスプレス(香港)など。

「コンセプトは『気軽に』『機能的』『わくわく』。シンプルで使いやすく快適な空間を目指す。成田空港に新たなステージが加わり、LCC旅の新しい幕開けに相応しいターミナルになる」と同社。発表時点でこの第3旅客ターミナルに入居するLCCは、ジェットスター・ジャパン、バニラ・エア、春秋航空日本の3社という。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集