トヨタ プリウスα、欧州で改良新型を先行発表…表情一新

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ プリウス+(日本名:プリウスα)の2015年モデル
  • トヨタ プリウス+(日本名:プリウスα)の2015年モデル
  • トヨタ プリウス+(日本名:プリウスα)の2015年モデル
  • トヨタ プリウス+(日本名:プリウスα)の2015年モデル
  • トヨタ プリウス+(日本名:プリウスα)の2015年モデル
  • トヨタ プリウス+(日本名:プリウスα)の2015年モデル
トヨタ自動車の主力ハイブリッド車、『プリウス』のMPV版、『プリウスα』。同車の改良新型モデルが、欧州で先行発表された。

これは10月8日、トヨタ自動車の英国法人、トヨタUKが明らかにしたもの。2015年モデルの『プリウス+』(日本名:プリウスα)の概要を公表している。プリウス+は2012年、欧州市場に投入。デビューから2年以上が経過し、初の大幅改良が施された。

外観は、バンパーやヘッドライトのデザインを変更。バンパーは開口部を大きく取った形状とし、ブラックの部分が目を引く。ヘッドライトには、LEDを組み込む。リアはテールランプや、ディフューザー一体デザインのバンパーが新しい。

室内は、各種スイッチ類を、ダークシルバーメタリック仕上げとして、質感を向上。ドアハンドルは、クローム仕上げ。また、新型の4.2インチの情報モニターを装備。「エコ・ジャッジ」と呼ばれる、新たな燃費運転支援システムも採用された。

走行性能面では、サスペンションのチューニングを見直し。乗り心地とハンドリングを向上させた。サイドとリアには遮音材を追加し、静粛性も引き上げている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集