VW ジェッタ と ニュービートル、米国でリコール44万台…サスペンションに不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット

フォルクスワーゲン・ジェッタ
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ
  • フォルクスワーゲン・ニュービートル
フォルクスワーゲンの米国法人、フォルクスワーゲンオブアメリカは10月17日、『ジェッタ』と『ニュービートル』に不具合があるとして、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)に、リコール(回収・無償修理)を届け出た。

今回のリコールは、サスペンション部品の不具合が原因。フォルクスワーゲンオブアメリカによると、追突事故などで、リアサスペンションのトレーリングアームが損傷した場合、これを修理しないと、トレーリングアームが突然折れる可能性があるという。

リコールの対象になるのは、2011-2013年モデルのジェッタ40万0602台と、2012-2013年モデルの『ニュービートル』(カブリオレを含む)4万1663台。米国で販売された合計44万2265台が該当する。

フォルクスワーゲンオブアメリカでは、対象車のリアサスペンションを点検し、トレーリングアームが損傷していた場合、これを補強するリコール作業を行う予定。

なお、フォルクスワーゲンオブアメリカは、「この不具合による事故、負傷者の報告はない」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集