【パリモーターショー14】アバルト500 に最強の「695ビポスト」…2014年生産分を完売

自動車 ニューモデル 新型車

アバルト 695 ビポスト(パリモーターショー14)
  • アバルト 695 ビポスト(パリモーターショー14)
  • アバルト 695 ビポスト(パリモーターショー14)
  • アバルト 695 ビポスト(パリモーターショー14)
  • アバルト 695 ビポスト
  • アバルト 695 ビポスト
  • アバルト 695 ビポスト
  • アバルト 695 ビポスト
フランスで10月2日に開幕したパリモーターショー14。イタリアの自動車大手、フィアットの高性能車部門、アバルトのブースでは、アバルト『695ビポスト』(BIPOSTO)の2014年生産分の完売が告げられた。

アバルト695ビポストは2014年春、ジュネーブモーターショー14で発表。フィアット『500』の高性能モデル、アバルト『500』のレーシングカー、『695アセット コルセ』をベースに、公道走行に必要な法規を満たすように仕立て上げたモデル。カルロ・アバルトが生み出したオリジナル『695』のデビュー50周年を記念し、「歴代アバルトで最強、最速」をコンセプトに掲げて開発された。

足回りは、レース用のブレンボ製ブレーキやExtreme Shoxの減衰力調整ダンパー、215/35R18タイヤなどで強化。内外装はエアロパーツ、サベルトの4点式シートベルト&バケットシートなど、専用仕立て。とくにサイドガラスは、軽量なポリカーボネート製に変更されており、レーシングカーのように、小さなスライド小窓が設けられる。

搭載エンジンは、1.4リットル直列4気筒ガソリンターボ「Tジェット」。最大出力はアバルトの公道仕様としては、史上最強の190psを叩き出す。車両重量は、1トンを切る997kg。パワーウェイトレシオは5.2kg/psで、アバルトによると、カテゴリーで最も優れた数値だという。

トランスミッションは、Bacci Romano製のドグミッション。パワフルなエンジンと軽量ボディを得た695ビポストは、カテゴリー最速の0-100km/h加速5.9秒を実現。最高速は、230km/hに到達する。

パリモーターショー14の会場では、アバルト695ビポストの今年分の完売を発表。すでに、2014年販売分の生産を終了しており、全体の4分の1は、日本とオーストラリアに向けて出荷されるという。アバルトは、「最小のスーパーカーの2014年の生産分は、すべて顧客に割り当てられた」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集