第12回ブルネル賞、日本は東京駅や『ななつ星』など優秀賞に

鉄道 企業動向

東京駅とその周辺の再開発地区「東京ステーションシティ」がブルネル賞の優秀賞を受賞。写真は戦前の姿に復元された丸ノ内駅舎。
  • 東京駅とその周辺の再開発地区「東京ステーションシティ」がブルネル賞の優秀賞を受賞。写真は戦前の姿に復元された丸ノ内駅舎。
  • 旧・万世橋駅の遺構を活用した商業空間「マーチエキュート万世橋」。万世橋駅付近の高架橋再開発は技術インフラと環境部門で優秀賞を受賞した。
  • 気仙沼線や大船渡線の線路敷地を活用したBRTは工業デザイン・グラフィック・芸術部門で優秀賞を受賞した。写真は大船渡線BRTの大船渡駅。
JR東日本などはこのほど、鉄道デザインの国際コンペティション「第12回ブルネル賞」で優秀賞を受賞したと発表した。今回の優勝賞は4部門で計19件。このうち日本は4事業者が優秀賞を受賞している。

ブルネル賞は1985年創設。世界約20カ国の鉄道デザイン担当者が集まるワトフォード・グループが設けている。

ワトフォード・グループによると、今回の優秀賞は駅舎部門が10件、工業デザイン・グラフィック・芸術部門が2件、技術インフラと環境部門が4件、車両部門が3件。このうち日本の鉄道事業者はJR東日本とJR九州、上信電鉄、土佐くろしお鉄道が受賞した。

JR東日本は駅舎部門で東京都千代田区内の「東京ステーションシティ」(東京駅と同駅周辺の再開発地区)と日立駅(茨城県日立市)が優秀賞を受賞。旧・万世橋駅(千代田区)付近の高架橋再開発も技術インフラと環境部門で受賞した。このほか、工業デザイン・グラフィック・芸術部門で東北地区のバス高速輸送システム(BRT)、車両部門でEV-E301系蓄電池電車が、それぞれ優秀賞を受賞した。

JR九州はクルーズトレイン『ななつ星 in 九州』が車両部門の優秀賞を受賞。上信電鉄は上州富岡駅(群馬県富岡市)、土佐くろしお鉄道は中村駅(高知県四万十市)で、駅舎部門の優秀賞を受賞した。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集