【ジャパンカップ14】新城幸也とヨーロッパカーのメンバーが必勝宣言「チームメイトと一緒に優勝目指したい」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

新城幸也とヨーロッパカーの選手たち、ボルボV60ポールスター
  • 新城幸也とヨーロッパカーの選手たち、ボルボV60ポールスター
  • 新城幸也(ヨーロッパカー)とボルボV40クロスカントリー
  • 新城幸也(ヨーロッパカー)
  • 新城幸也のコルナゴC59
2014ジャパンカップサイクルロードレースに出場する新城幸也とヨーロッパカーの選手たちが、10月16日に都内のボルボ・カー虎ノ門で記者会見を行った。

出席したのは、新城、ジェローム・クザン、クリストフ・ケルヌ、ビョルン・トゥラオ、ジェレミー・コルヌのジャパンカップに出場する5選手、さらにブノワ・ジョノーゾー監督とマッサーとメカニックの計8人。この日成田に到着し、その足で直接会場を訪れたものの、疲れた様子はなく元気に会見に臨んだ。

新城にとってジャパンカップは、日本ナショナルチームとして参戦した2011年以来で、所属チームでの出場は前身のブイグテレコム時代の2010年以来となる。

久しぶりのジャパンカップに向けて新城は「時差ボケはないし、元気な状態で帰国できました。今年最後のレースでいいところを見せて、いい気持ちで来年を迎えたい。2010年ぶりにチームとしてジャパンカップに帰ってこられてうれしいし、ヨーロッパカーのジャージで宇都宮を走るのは初めてなのでみんなに見てもらいたい。チームメイト4人と一緒に優勝を目指して頑張りたい」と意気込みを語った。

そして、ジョノーゾー監督は「新城をエースとして守るレースをしたい。シーズンを通してチームに貢献しているので、彼が日本で輝けるレースをしたい」と新城をエースとして戦うことを明言。チームメイトたちも、新城をサポートすることを誓っていた。

なお、ヨーロッパカーのチームバスはボルボ製で、新城も日本滞在中はボルボのV40を借りてレースやイベント、日常の移動で使用している。

新城は「ボルボは疲れないし、シートが特にお気に入りです。自宅に置きたいぐらい(笑)」とその魅力を語っていた。
《光石達哉@CycleStyle》

特集