アウディ、自動運転で240km/hの高速デモ走行へ

自動車 ビジネス 企業動向

アウディRS7スポーツバックベースのプロトタイプ車
  • アウディRS7スポーツバックベースのプロトタイプ車
  • アウディ A7スポーツバックの渋滞時の自動走行実験テスト車両(参考画像)
  • アウディが行ったオートパーキングのデモ(参考画像)
ドイツの高級車メーカー、アウディは10月9日、自動運転車の最新プロトタイプ車を使用して、無人運転での高速デモ走行を行うと発表した。

アウディはここ数年、先代『TT』ベースのプロトタイプ車による自動運転テストに取り組んできた。その成果を生かして2012年、米国ネバダ州において、自動車メーカーとして初めて、自動運転車の公道走行テストの認可を取得。その後、フロリダ州やカリフォルニア州でも、自動運転車の公道走行テストの認可を受けた。

今回、アウディは、自動運転車の最新プロトタイプ車を使用して、無人運転での高速デモ走行を行うと発表。アウディ『RS7スポーツバック』ベースのテスト車両を用いて、10月19日、ドイツ・ホッケンハイム・サーキットで高速デモ走行を披露する。

アウディが目標とするのは、最高速240km/hでの無人走行。10月19日、ホッケンハイムではDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)の最終戦が開催される予定となっており、レースに先立ち、アウディの優れた技術力をアピールする。

アウディは、「プロのレーシングドライバーと同等のラップタイムが見込まれる」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集