【カーオブザイヤー14 選考コメント】ひと世代先行くメルセデスのクルマ造り…桂伸一

自動車 ビジネス 国内マーケット

メルセデス ベンツ C200 アバンギャルド
  • メルセデス ベンツ C200 アバンギャルド
  • メルセデス ベンツ C200 アバンギャルド
  • メルセデス ベンツ C200 アバンギャルド
  • メルセデスベンツ・C180  アバンギャルド
  • メルセデスベンツ・C180  アバンギャルド
  • メルセデスベンツ C 200 アバンギャルド AMGライン装着
  • BMW i3
  • BMW・i3
選考基準のひとつに「自分で買うか?」を加えて毎回投票している。今年10点を入れた『Cクラス』を買うか? セダン党ではないので、ワゴンなら考えられる。と回答できる。

Cクラスの評価についてはCOTYのコメントを参照していただくとして、ヒトが冒すミスを最大限に抑えようとするクルマ側の涙ぐましい制御の数々に、ハンドリングが“どうのこうの”、次元ではない、ひと世代先行くメルセデスベンツのクルマ造りを指示した。

次点は5点で『デミオ』とBMW『i3』が並ぶ。デミオは国産としては実に良くできているが、ライバルのVW『ポロ』のマイナーチェンジ版と比べると、まだまだ。ディーゼルエンジンのみを評価した配点です。

『プリウス』を初代から乗り継いだ我が家は、レンジエクステンダーBMW i3は、じつは興味津々。機関=メカニズムや縦に接地面積を拡大した極細大径タイヤの装着などは大いに評価できるものの、カタチが…。クルマ選びの第一はカッコなので、“ブサ可愛い”? 可愛くもないが、あのカタチと毎日合って嬉しいか、というと長続きしそうもないので、トップ配点は難しい。製造工程や材料、設備、施設、環境等々、今後の製造業の手本となるところは、間違いなく10点もの。

3点の『レヴォーグ』はエンジン開発まで行い、安全技術をさらに緻密に正確した事を評価しつつ、コンパクトな世代の『レガシィ』に戻った感は認めるが、走りに新しい息吹がまったく感じられないので…の配点。

プジョー『308』は、ダウンサイジングとプジョー=おフランスの乗り味、デザインが蘇って来た事に対する評価。

軽自動車は特別賞で評価。カタチは『ハスラー』、安全基準の高さは『N-WGN』。10ベスト漏れしたが、コンパクトカーとしてはVW『ポロ』と対等に戦える、一押しのフォード『フィエスタ』の落選はがっかりした。

メルセデスベンツ『Cクラス』:10点
マツダ『デミオ』:5点
BMW『i3』:5点
スバル『レヴォーグ』:3点
プジョー『308』:2点 

桂伸一|モータージャーナリスト/レーシングドライバー
1982年より自動車雑誌編集部にてリポーター活動を開始。幼年期からの憧れだったレース活動を編集部時代に始め、「乗れて」「書ける」はもちろんのこと、読者の目線で見た誰にでもわかりやすいレポートを心掛けている。レーシングドライバーとしての戦績は、アストンマーティン・ワークスからニュルブルクリンク24時間レースに参戦。08年クラス優勝、09年クラス2位。10年は…!? レース直前にスポンサー絡みのドライバーに割り込まれて不参加。世知辛い世の中であります。AJAJ/日本カーオブザイヤー/ワールドカーオブザイヤー(選考委員)。
《桂伸一》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集