【インターモト14】ホンダ、新型アドベンチャー VFR800X 公開…CBR300R も新顔に

モーターサイクル エンタメ・イベント

ホンダ・VFR800X クロスランナー(ドイツ・インターモト 2014)
  • ホンダ・VFR800X クロスランナー(ドイツ・インターモト 2014)
  • ホンダ・CBR300Rに跨がるマイケル・ファン・デル・マーク選手(ドイツ・インターモト 2014)
  • ホンダ・CBR300R(ドイツ・インターモト 2014)
  • ホンダ・VFR800X クロスランナーと稲山洋一プロジェクトリーダー(ドイツ・インターモト 2014)
  • ホンダ・VFR800X クロスランナー(ドイツ・インターモト 2014)
  • ホンダ・VFR800X クロスランナー(ドイツ・インターモト 2014)
ホンダは、ドイツ・ケルンで開催された「インターモト2014」で、『VFR800X クロスランナー』と『CBR300R』の2モデルを発表した。

クロスランナーは、2011年に市販開始されたアドベンチャースポーツツアラーで、今回発表された新型は、 2014年に再登場した『VFR800F』の技術を取り入れた改良型である。

プロジェクトリーダー(LPL)の稲山洋一さんは「日常的な使用で楽しめて、活動を起こしたくなるような性格の車輌を目指しました」と語る。アドベンチャーと言えども、シート高は815/835mmの調整式で、多くの人にとって親しみやすいモデルとなっている。

また、単気筒ロードスポーツのCBR300Rは、2014年型として国内向きに登場した『CBR250R』の欧州向け拡大版である。250Rと同様に、エンジンもスタイリングもリファインされての登場だ。

プレゼンテーションでは、今年のWSS(スーパースポーツ世界選手権)の覇者であり、鈴鹿8耐でも優勝を果たしたマイケル・ファン・デル・マーク選手が、ゲスト出演した。
《和歌山 利宏》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集