【F1 日本GP】大クラッシュを喫したビアンキ、頭部にダメージを受け緊急手術中

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ジュール・ビアンキ(マルシャ)
  • ジュール・ビアンキ(マルシャ)
  • 事故直後の様子
  • 事故直後の様子
  • ジュール・ビアンキ(マルシャ)
  • ジュール・ビアンキ(マルシャ)
  • ジュール・ビアンキ(マルシャ)
  • ジュール・ビアンキ(マルシャ)
  • ジュール・ビアンキ(マルシャ)
5日に行なわれたF1日本GP決勝レース。その終盤に大きなアクシデントが発生してしまった。

42周目のターン7(ダンロップコーナー)でエイドリアン・スーティル(ザウバー)がスピン。アウト側のタイヤバリアにクラッシュ。この時、彼に怪我はなかった。このマシンを撤去している最中に、同じ場所で今度はジュール・ビアンキ(マルシャ)が大クラッシュ。その際に回収作業を行なっていた重機車に激突した。

駆けつけたマーシャルの要請により、すぐにセーフティーカーが導入。同時にFIA(国際自動車連盟)が毎レースで用意しているメディカルカーも現場へ急行。救助作業が行なわれた。

FIAからの発表によると、ビアンキはすぐに救急車で三重総合医療センターへ搬送。CTスキャンで検査を行なった結果、頭部にダメージがあることが判明し現在緊急手術を受けている。終わり次第、集中治療室で経過を慎重に見ていくとのことだ。

その後の詳細については、手術中のため明らかになっていない。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集