【F1 日本GP】公式予選結果…ロズベルグが今季8回目のポールポジション、可夢偉は21位

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
  • ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
  • ルイス・ハミルトン(メルセデス)
  • バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)
  • 小林可夢偉(ケータハム)
  • 予選を観戦するため、スタンドに詰めかけたファン
  • 予選後、パルクフェルメ(車両保管所)に帰ってきたマシンたち
2014年のF1第15戦日本GP。注目の公式予選が14時00分から行なわれた。

今週末は天気が安定しないという話もあったが、午後の予選開始前になると太陽が顔を出し絶好の観戦日和になった。

まず全車が出走したQ1。母国GPを迎えた小林可夢偉(ケータハム)が真っ先にコースインした。スタンドのファンも一斉に旗を振って声援を贈った。18分間のセッションで合計3回のタイムアタックを敢行。ベストタイムは1分37秒015で21位。残念ながらチームメイトのマーカス・エリクソンには敗れてしまったものの、昨日クラッシュで走れなかった分を見事に取り戻し、わずか0.2秒差にまで迫った。

注目のポールポジション争いは、予想通りルイス・ハミルトン、ニコ・ロズベルグのメルセデス勢2台による対決に。Q1では0.060秒差でハミルトンがトップ。続くQ2ではロズベルグが0.032秒差で逆転。難攻不落の鈴鹿サーキットで、両者が0.001秒を削り合う白熱したタイムアタック合戦となり、スタンドで観戦していたファンも釘づけとなった。

そしてQ3。まず先天を仕掛けたのはロズベルグ。全区間でパーフェクトな走りを見せ1分32秒629を記録。一方、ハミルトンは0.317秒遅れの2位に甘んじる。これで両者がピットに戻って、新しいタイヤを装着し、再びコースへ。今度もロズベルグが先にタイムアタックを行い、中盤のセクター2で大きく更新し1分32秒506を記録。ハミルトンも果敢に攻めるが0.197秒届かずチェッカーフラッグ。ロズベルグが今季8回目、通算12回目のポールポジションを勝ち取った。2位にハミルトン、3位にはバルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)が続いた。

F1 日本GP 公式予選結果
1.ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
2.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
3.バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)
4.フェリペ・マッサ(ウイリアムズ)
5.フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)
6.ダニエル・リチャルド(レッドブル)
7.ケビン・マグヌッセン(マクラーレン)
8.ジェンソン・バトン(マクラーレン)
9.セバスチャン・ベッテル(レッドブル)
10.キミ・ライコネン(フェラーリ)


21.小林可夢偉(ケータハム)
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集