【パリモーターショー14】プジョー から未来のSUV、クォーツ …ハイブリッドで500hp

自動車 ニューモデル モーターショー

プジョー クォーツ (パリモーターショー14)
  • プジョー クォーツ (パリモーターショー14)
  • プジョー クォーツ (パリモーターショー14)
  • プジョー クォーツ (パリモーターショー14)
  • プジョー クォーツ (パリモーターショー14)
  • プジョー クォーツ
  • プジョー クォーツ
  • プジョー クォーツ
  • プジョー クォーツ
フランスの自動車大手、プジョーは10月2日、フランスで開幕したパリモーターショー14において、コンセプトカーの『クォーツ』を初公開した。

クォーツは、プジョーが未来のSUVを提案したコンセプトカー。次世代のプジョーデザインに、パワフルなハイブリッドパワートレインを組み合わせる。

ハイブリッドパワートレインは、エンジンが1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ「THP」。最大出力270hp、最大トルク33.7kgmを発生する。モーターは2個。前後に、それぞれ最大出力115hpのモーターを配置する。トータル出力は、500hpと強力。ZEVモードでは、最大50kmゼロエミッション走行できる。

クォーツのボディサイズは、全長4500mm、全幅2060mm。ホイールは23インチサイズ。新型プジョー『308』に導入されたPSAプジョーシトロエンの「EMP2」車台をベースに、逞しいクロスオーバー車フォルムを構築した。

インテリアは、ドライバー重視の「i-コクピット」を採用。ヘッドアップディスプレイに、必要な情報を表示する。シートは4座ともバケットタイプ。サイドドアはセンターピラーのない観音開き方式で、優れた乗降性を追求。エアサスペンションは、最低地上高を300‐350mmの間で自動調整する。

クォーツのデザインを主導したMatthias Hossann氏は、「ボディの下半分はSUV、上半分はサルーン。これをひとつに融合したデザイン」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集