【パリモーターショー14】日産 パルサー 新型、1.6DIGターボ搭載車を初公開…最大出力190ps

自動車 ニューモデル モーターショー

新型 日産 パルサー の1.6DIGターボ搭載車
  • 新型 日産 パルサー の1.6DIGターボ搭載車
  • 新型 日産 パルサー の1.6DIGターボ搭載車
  • 新型 日産 パルサー の1.6DIGターボ搭載車
  • 新型 日産 パルサー の1.6DIGターボ搭載車
  • 新型 日産 パルサー の1.6DIGターボ搭載車
  • 新型 日産 パルサー の1.6DIGターボ搭載車
日産自動車は10月2日、フランスで開幕したパリモーターショー14において、新型『パルサー』の1.6ターボ搭載車を初公開した。

新型パルサーは2014年5月、欧州で発表。今秋、欧州市場で販売を開始した。発売当初、エンジンは、ガソリン1、ディーゼル1の2種類。ガソリンはルノーが開発した「DIG-T」と呼ばれる直噴1.2リットル直列4気筒ガソリンターボ。最大出力115ps、最大トルク19.4kgmを発生する。このエンジンは、欧州向けの改良新型『ジューク』と共通。

ディーゼルもルノー製で、1.5リットル直列4気筒ターボ「dCi」は、最大出力110ps、最大トルク26.5kgmを発生。欧州市場で重視されるCO2排出量は、95g/km以下と、優れた環境性能が特徴。

今回、パリモーターショー14で初公開されたのは、2015年初頭に追加設定される「1.6DIGターボ」搭載車。1.6リットル直列4気筒ガソリンターボは、最大出力190psを獲得する。1.2リットル版に対して、75psパワフルとなる。

グレード名は、「パルサー DIG-T 190」。日産は、「新型パルサーのエンジンは、3タイプあり、最もパワフルなのが、1.6DIGターボ。最上級グレードとして、本来のスポーツ性能をさらに強化するために開発した」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集