【パリモーターショー14】VW パサート 新型にPHV、「GTE」…燃費は50km/リットル以上

自動車 ニューモデル 新型車

新型 フォルクスワーゲン パサート GTE
  • 新型 フォルクスワーゲン パサート GTE
  • 新型 フォルクスワーゲン パサート GTE
  • 新型 フォルクスワーゲン パサート GTE
  • 新型 フォルクスワーゲン パサート GTE
  • 新型 フォルクスワーゲン パサート GTE
  • 新型 フォルクスワーゲン パサート GTE
  • 新型 フォルクスワーゲン パサート GTE
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは9月29日、新型『パサートGTE』の概要を明らかにした。実車は10月、フランスで開催されるパリモーターショー14でワールドプレミアされる。

同車は同じく、パリモーターショー14で初公開される新型『パサート』に設定されるプラグインハイブリッド車(PHV)。パサートにPHVが用意されるのは、新型が初となる。

車名はパサートGTE。フォルクスワーゲンは2014年3月、ジュネーブモーターショー14において、新型『ゴルフ』のPHV、『ゴルフGTE』を設定。これと同様の車名が、新型パサートのPHVにも冠された。ボディタイプは、セダンとワゴンの「ヴァリアント」の2種類。

パサートGTEのPHVパワートレインは、エンジンが直噴1.4リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」。最大出力156psを発生する。これに、最大出力115psのモーターを組み合わせる。二次電池は、蓄電容量9.9kWhのリチウムイオンバッテリー。

システムトータルでは、218psのパワーを引き出す。EVモードでは、最大50kmをゼロエミッション走行可能。この効果もあり、欧州複合モード燃費50km/リットル以上、CO2排出量45g/km以下の優れた環境性能を実現している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集