江差線第三セクター、10月から社名募集

鉄道 企業動向

江差線の経営を引き継ぐ三セクの会社名募集の案内。10月1日から11月23日まで募集する。
  • 江差線の経営を引き継ぐ三セクの会社名募集の案内。10月1日から11月23日まで募集する。
  • 三セク会社が引き継ぐ江差線(赤)とその周辺のJR線。三セク会社の列車は函館本線に乗り入れて函館駅まで運転する。
  • 江差線は電化されているが、旅客列車は三セク会社がJR北海道からキハ40形気動車を譲り受けて運行する。
北海道新幹線新青森~新函館北斗間の部分開業(2016年3月)にあわせて江差線の経営を引き継ぐ北海道道南地域並行在来線準備は10月1日から、開業時の社名を募集する。

個人・企業・団体・居住地を問わず誰でも応募でき、応募点数に限りはない。ただし同一名称は1人1点のみ。応募ははがきか北海道道南地域並行在来線準備のウェブサイトで受け付ける。締切は11月23日(当日消印有効)で、最優秀賞1人と優秀賞4人が選ばれる。12月下旬には同社ウェブサイトで発表される予定。

北海道道南地域並行在来線準備は、江差線五稜郭~木古内間の運営を引き継ぐ第三セクターの準備会社で、今年8月に設立。北海道と沿線の函館市、北斗市、木古内町が出資している。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集