ボルボ、S60/V60に戦略的価格の特別仕様車を投入

  • ボルボ・カー・ジャパンは『S60』『V60』シリーズに特別仕様『LUXURY EDITION』と『T4 R-DESIGN PLUS』を発表した。それぞれ安全装備等をふんだんに盛り込みつつ、ベース車両価格より約20万円安い価格設定で発売されている。
自動車 ニューモデル 新型車
ボルボ・V60 T4 R-DESIGN PLUS
  • ボルボ・V60 T4 R-DESIGN PLUS
  • ボルボ・V60 T4 R-DESIGN PLUS
  • ボルボ・V60 T4 R-DESIGN PLUS
  • ボルボ・V60 T4 R-DESIGN PLUS
  • ボルボ・V60 T4 R-DESIGN PLUS
  • ボルボ・V60 T4 R-DESIGN PLUS
  • ボルボ・V60 T4 R-DESIGN PLUS
  • ボルボ・V60 T4 R-DESIGN PLUS
ボルボ・カー・ジャパンは『S60』『V60』シリーズに特別仕様『LUXURY EDITION』と『T4 R-DESIGN PLUS』を発表した。それぞれ安全装備等をふんだんに盛り込みつつ、ベース車両価格より約20万円安い価格設定で発売されている。

まずLUXURY EDITIONについて、同社コーポレート・コミュニケーション部の相良賢一さんは、「『S60』『V60』の「T4SE」をベースに、レザーシートとセーフティパッケージ、キーレスドライブ(キーレスエントリーシステム)を標準装備したクルマだ」と説明。

キーレスドライブは通常はオプション設定だ。その理由について相良さんは、「日本仕様として、車幅を狭くするためにメッキ仕様の薄いドアハンドルを作った。しかし、キーレスのユニットが中に入らないため、キーレスドライブをオプション設定にしている」と明かす。しかし、オプションで注文するユーザーが多いため、「特別仕様車では標準装備にした」という。実際の車幅は、標準で1845mm、キーレスが組み込まれたドアハンドル装着車は1865mmである。

「これらのメーカーオプションの総額は、約50万円にもかかわらず、ベースモデルの420万円より安い399万円(S60)と、419万円(V60)に設定した」

T4 R-DESIGN PLUSでは、「セーフティパッケージにプラスして、コンピュータープログラムを書き換えることで、20馬力、45Nm出力アップのポールスターパフォーマンスパッケージが組み込まれ、両方足すと41万円くらいのオプションになる。こちらも、ベースモデルよりも18万円安い459万円(S60)と、479万円(V60)にした」と相良さん。

S60/V60は登場から3年余りを経て、モデルライフとしては折り返しを過ぎたこともあるが、なぜこのタイミングと価格で特別仕様車を設定したのか。相良さんは、「クルマを販売する際、定価ではなく、何かしら特別な条件を提示することが慣習化しているのが現状だ。つまり、実際にお店に行って、商談に入ったお客様のみが値引きやオプションのサービスがわかり、そうでないお客様には知りえない情報になる。しかし、ボルボとしてはより多くの方に、いまであればレザーシート付で安全装備満載の仕様が(S60 LUXURY EDITIONでは)399万円で買えるということを伝えたい。特別仕様車として、かなり挑戦的な値付けをしており、反響があると思っている」と期待を語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集