ポルシェ ボクスター、ベルギーで入門グレード…211psにデチューン

自動車 ニューモデル 新型車
ポルシェ ボクスター 211ps仕様
  • ポルシェ ボクスター 211ps仕様
  • ポルシェ ボクスター 211ps仕様
  • ポルシェ ボクスター 211ps仕様
  • ポルシェ ボクスター 211ps仕様
  • ポルシェ ボクスター 211ps仕様
  • ポルシェ ボクスター 211ps仕様
ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェのオープンミッドシップモデル、『ボクスター』。同車がベルギーで、新たな入門グレードを設定した。

これは、ポルシェのベルギー公式サイトが明らかにしているもの。最大出力211ps仕様のボクスターの情報が公表されている。

現在、ボクスターのベースグレードは、排気量2706ccの水平対向6気筒ガソリンエンジンを搭載。最大出力265ps、最大トルクは28.6kgmを発生する。7速PDKのスポーツプラスの場合、0-100km/h加速は5.5秒。最高速は6速MTの場合、264km/hに到達する。

ポルシェのベルギー公式サイトで公開されている211ps仕様とは、どんなボクスターなのか。噂の4気筒エンジン搭載車ではなく、2706ccの水平対向6気筒ガソリンエンジンのデチューン版。最大出力のみ54psダウンの211psとなり、最大トルクは28.6kgmと変わらない。

動力性能は、7速PDKのスポーツプラスの場合、0-100km/h加速は6.1秒と0.6秒落ち。最高速は6速MTの場合、245km/hと、およそ20km/h低い。

ベルギー仕様のボクスターに、デチューン版が設定された理由は、現地では馬力によって税額が変わる制度があるため。ノルウェーにも、同様の制度があり、ポルシェはデチューン版を投入している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集