【パリモーターショー14】プジョーの4ドアクーペコンセプト 、EXALT が進化 …内外装をイメージチェンジ

自動車 ニューモデル 新型車

プジョー EXALT
  • プジョー EXALT
  • プジョー EXALT
  • プジョー EXALT
  • プジョー EXALT
フランスの自動車大手、プジョーは9月4日、フランスで10月に開催されるパリモーターショー14において、コンセプトカーの『EXALT』の新仕様を初公開すると発表した。

EXALTは2014年4月、北京モーターショー14でワールドプレミア。プジョーが4ドアクーペ(厳密には5ドアボディ)を提案した1台。プジョーは2012年秋、パリモーターショー12において、スーパーカーコンセプトカー、『ONYX』を発表。このONYXのデザインモチーフを導入しながら、開発されたのがEXALT。

ダイナミックなデザインが、EXALTの特徴。ボディサイズは全長4700mm、全高1310mm。職人によるハンドメイドで生み出されたボディは、非常に流麗な仕上がりを見せる。力強いホイールアーチの中には、20インチのタイヤ&アルミホイールを収めた。

室内は、ウッドやレザーなどの天然素材をふんだんに使用。ダッシュボードには、「i-コクピット」と命名されたプジョーの最新インターフェースも採用された。トランクは独特の開閉機構により、広い空間を実現する。

パワートレインは、PSAプジョーシトロエンの独自ハイブリッド、「ハイブリッド4」のガソリン版。直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力270psを発生。最大出力70psのモーターと合わせて、トータル出力は、340psを獲得した。

10月のパリモーターショー14で初公開されるEXALTの新仕様は、欧州向けに一部デザインを手直し。ボディの大半はスチール素材剥きだしとし、塗装面はグレーの濃淡で表現する。インテリアは、「ニュースペーパー・ウッド」と呼ばれる新しいトリムパネルで、装飾されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集