【成都モーターショー14】ホンダ XR-V、初公開…中国版 ヴェゼル

自動車 ニューモデル モーターショー

ホンダ XR-V
  • ホンダ XR-V
ホンダと東風汽車の中国合弁、東風ホンダは8月29日、中国で開幕した成都モーターショー14において、コンセプトカーのホンダ『XR-V』を初公開した。

同車は、日本市場での『ヴェゼル』の中国仕様車。成都モーターショー14にはコンセプトカーとして出品されたが、『CR-V』の下に位置する小型SUVとして、近い将来、中国市場に投入される。

XR-Vのボディサイズは、全長4275×全幅1770×1605mm、ホイールベース2610mm。日本仕様の全長は4295mmあるが、中国向けのXR-Vは20mm短い4275mm。

搭載エンジンは2種類。ガソリンの1.5リットルと1.8リットルが設定される。日本向けに用意される1.5リットル+モーターのハイブリッドがない代わりに、中国には1.8リットル版がラインナップされるのが特徴。

東風ホンダは、「スポーツカーと肩を並べるドライビングプレジャー。1.8リットル車はパノラマサンルーフも標準装備」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集