自動車オークション世界最高値で落札…フェラーリのクラシックカー、そのお値段は?

自動車 ビジネス 海外マーケット

フェラーリ250GTO
  • フェラーリ250GTO
イタリアのスーパーカーメーカー、フェラーリ。同社のクラシックカーが、自動車のオークション史上最高値の39億円で落札された。

これは8月14日、米国カリフォルニア州で開催された「モンテレー・カー・ウイーク」での出来事。「ボナムズ」主催のオークションに、1962年式フェラーリ『250GTO』が出品されている。

フェラーリ250GTOは、1962‐1963年、わずか39台のみが生産されたフェラーリの名車中の名車といわれるモデル。3.0リットルV型12気筒ガソリンエンジンは、最大出力302psを発生し、最高速280km/hを誇った。

250GTOは、FIA GT世界選手権で1962 - 64年、3年連続優勝を収め、1963年のルマン24時間耐久レースでは、総合2位に入賞。このモータースポーツでの栄光が、250GTOの名車としての価値を高めている。

今回、オークションに出品された1台は、シャシーナンバー「3851GT」。1962年9月、
19台目の250GTOとして製造された。

クラシックフェラーリの中でも、とくに希少価値の高いとされる同車の価格は、瞬く間に上昇。そして最終的に、3811万5000ドル(約39億円)で落札された。この価格は、2013年に英国で開催されたオークションに出品された1954年式メルセデスベンツ『W196 R F1』の2965万ドル(約30億円)を上回り、自動車のオークション史上最高値を記録している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集